過去の卒業生の方たちの入学の動機です。

さまざまなきっかけで入学を決断していただきました。

Fさんの入学動機

子どもの頃、ピアノの先生になるのが夢でした。

40代半ばを過ぎ、子育てが一段落し、自分自身にこれからの人生、自分にとって何が生きがいとなるだろう?と問いかけ考えていた時、出会ったのがリフレクソロジーでした。

きっかけは以前の職場でパソコン漬けの為に肩こりに悩んでいた社員さんの肩を揉んであげたところ、「むちゃ気持ちいいです。背筋が伸びた感じがします」と喜ばれ、とても嬉しい気持ちになりました。と同時に以前から人に喜んでもらえたことが何度もあったことを思い出しました。こんな風に人に喜んでもらえることを仕事にできたら良いなあと思いが増してきました。

そしてリフレクソロジーの存在を知り、補完療法としてのリフレクソロジーにとても興味を感じるようになりました。

病気を持っている人にでも足の裏から遠隔的に内臓を刺激し免疫力を上げることで、病気の治療に役立つということ、そしてそれを手指だけで行うという点にも魅かれました。また、難病のこどもの治療に一定の効果があったとされるレポート、末期がんの患者さんの痛みを和らげる効果もあるというレポートなどを読み、とても心を動かされました。

今の私の夢はITECの資格を取り、勉強と経験を積み重ねながら健康管理において、人のサポートができるリフレクソロジストになることです。そしていずれは気軽に利用できる自宅サロンを開き、近隣の方にも利用していただきたいです。

これからの人生でリフレクソロジストとしての仕事を通じて色々な人との出会い学び、豊かな人生を送りたいと願っています。

 

卒業生のFさん

その後、確実に夢を形にされ、リフレクソロジストとして活躍中です。