過去の卒業生の方々には本当に様々なセラピストスクールへの入学の動機があります。

以下に紹介する人は、肌の悩みから興味をもってくれたことがきっかけでした。

Tさんの入学動機

私は肌のトラブルに悩まされ、外に出るのも人前に出るのも嫌で堪らない時期がありました。エステ、整体等に行ったり、美容関係の学校に行っては体験、美容に関するアドバイスを頂いたりして、生活習慣を改める事により克服することができました。肌や体の調子が良くなるにつれ、物事を前向きに考えられるようになりました。この事がきっかけで感謝とともに、私のように何らかのトラブルを抱えた人をケアしていきたい!心も体も元気にする仕事をしたい!と真剣に考えるようになりました。
実際にアルバイトでリラクゼーションマッサージの仕事に就くと、人の体や心を癒すことがどんなに難しいか実感します。知識がなく、ただ教えられた手順通りに揉んでいるだけでは一人一人に合った施術ができないし、心身ともに癒すこともできないと痛感しています。また、心のこもった施術で「ありがとう」「体が軽くなった」と笑顔で帰っていかれるお客様を見られることに喜びを感じ、私でも必要としてくれる人がいるという自信に繋がっています。
私は一生、人を癒す仕事をしていきたいと思っています。だから、心身ともに健康になれる一人一人に合った施術ができるようになりたいです。機械に頼るのではなく、オールハンドにこだわっていきたいです。

そのためにも、医学に基づいた施術、知識を身につける必要があると感じます。そして、心のこもった施術をするためには自分も健康でなければいけません。自分の体に負担をかけない姿勢やマッサージの方法なども学ぶ必要があります。
貴校ではそれらがすべて学べます。そして、ITECの資格が取れます。何よりITECの考えとする心と体と魂の調和は、私が日頃から健康であるために必要だと感じていた事なので、ぜひとも学びたいと思いました。この資格をとった後、セラピストとして一生働き、いずれ教える立場になっていきたいと考えています。

卒業生のHさん:OLからマッサージの仕事に転職して、現在はリゾート地のスパサロンで活躍しています!